【新刊刊行しました!】『新訂版 あたりまえの人たち−昭和のソーシャルワーカーが見た患者と人生−』

新刊刊行しました!

『新訂版 あたりまえの人たち−昭和のソーシャルワーカーが見た患者と人生−』
高橋紀子 著

MSW(医療ソーシャルワーカー)による短編エッセイ集。
患者や利用者との関係に疲れたとき、悩んだときに読んでほしい1冊です。
ソーシャルワーカーに限らず、医療・リハビリ・介護関係者すべてが読者対象になります。
患者や利用者も、病気や障害を除けば、普通の、あたりまえの人たちです。
1997年刊行の同名書籍の新訂版ですが、今だからこそ(!)読んでいただきたい本です。
ぜひご一読ください!!

購入はこちらから→ あたりまえの人たち