*本書は、Amazon、弊社ネットショップ(BASE)でお求めいただくか、弊社に直接ご注文ください。

普及推進委員テキスト

新訂版
あたりまえの人たち~昭和のソーシャルワーカーが見た患者と人生
高橋紀子 著
税込 1,100円(本体1,000円)
新書判 216ページ

ISBN 978-4-910521-00-8
サンプルページ
ご注文
MSW(医療ソーシャルワーカー)の著者による短編エッセイ集。リハビリテーションで全国的に有名な、高知県にある病院で著者が出会った患者やその家族にまつわる話を1話完結でまとめた。
1997年刊行の同名図書を新訂版として復刊。「今だからこそ読みたい」ソーシャルワーカーと患者や家族のふれあい、病気や障害への向き合い方。著者の患者を見つめる柔らかな目と病気や障害に対峙する患者や家族の切ない思いが伝わる。我々が失ったものは何か。考えさせられる1冊。

目次
第1章 『のりこの相談手帖』より
①寂しさは……
トシヒコ君/もうちょっとの辛抱/災害のあと/更生能力って?/寂しさは/入所できません/Vルート/金時計/治療のあとは?

②浜子さんの入院
夕暮れどき/もう一つの救急隊/死から生への交差点/浜子さんの入院/もしもの時/救急車の音色模様/彩鮮やかなブラウス/家族の苦悩/百聞は一見にしかず、とはいえ/家族のお迎え

③風のように
仁義なき世界/支えあって/道端の花/風のように/一人だけのできごと/きゅうりの酢もみ/追い出されて/赤とんぼ/相談室の友人たち/元気?

④神様の水
カオルさん/老夫婦のSOS/むすこの年齢/おつうじ/神様の水/やっぱり、いる!/長期入院/花のメッセージ/肝っ玉かあさん

⑤初笑い
山のくらし/一本の電話から/光る海/ふたりで/初めての車いす旅行/タックのズボン/病気のおかげ/初笑い/神様の訪問

第2章 『いごっぱち』で
娘のきもち/胸のうち/明日、謝れないかも/誰かのために/タミさんの青あざ/明治の男/リ・クリエーション/戦友/人の輪/金魚のふん/文化祭/小さな社会

第3章 鏡の存在
魔法の鏡/ポリデント/ソーシャルワーカーの功罪/自動販売機/フェイス・ツー・フェイス/おばあちゃんの部屋/社会参加